hitototori Story

新潟の田舎まち。器用な母が作ったものに囲まれて育ち、手づくりが大好きな子供でした。
高校卒業後、ミシンをもって上京しました。

建築の学校へ通いミシンとも少し離れた生活になりましたが、
結婚し女の子を授かりミシンを再開し母娘お揃いの洋服作りなどを楽しんでいました。
幼稚園入園で離れて過ごす娘のためにお守りがわりの名前を刺繍しました。
1日もなくことなく笑顔で登園した娘とは逆に、
登園初日~3日間、幼稚園バスを見送った私は不安と寂しさで泣いて過ごしました。
娘が笑顔で毎日過ごせますようにと想いをこめた刺繍は、
わたし自身の「お守り」のような存在になっていた事に気が付きました。


2015年、このお名前刺繍をきっかけに本格的に刺繍を学ぶことになりました。
この年の私の誕生日、そら色のセキセイインコが家族に仲間入りしました。
ある日、娘がかいたインコと暮らす家族のお話し。タイトルは「ひとととり」。
このとき感じたあたたかい気持ちと、わたしの中にある母から受け継いだ想いをかたちにしたい、
そんな思いでうまれた刺繍ブランドが「hitototori」です。

誰かのお守りになるように想いをこめた刺繍アイテムをお届けします。
あたたかい気持ちになりたい人と、その思いを届けたい人のために刺繍しています。
1人でも多くの人へこの想いが届きますように。

hitototori いとう まりこ

(我が家のそらぴよヘアゴム→記事はこちら

Profile

ITO MARIKO(いとう まりこ)
手刺繍アクセサリーと雑貨のデザイン制作と販売

1979年、新潟県長岡市生まれ
高校服飾科卒業
建築専門学校卒業
財団法人日本手芸普及協会 刺しゅうコース講師科修了(現在、白糸コース受講中)


2011年キッズとママのお揃い服と雑貨を販売
2015年刺しゅうアクセサリーブランド「hitototori」
2019年刺しゅう教室 「hitototori」スタート予定


お買い物は
選べる3SHOP ↓↓↓